2014年5月27日火曜日

AFF3 デザインの世界 本当に欲しいものは自分たちでカスタムして造る!TCM















AFF3 mechanical Tokyo
2014年05月27日 火曜日


モントレソルマーレの中村氏が昨日月曜日にAFF-3へご来店。
AFF3 オリジナルデザインのTCM社製 機械式腕時計の発案です。

2013年の構想から早1年が経過した事になります。
この日は製品文字盤のデザインに変更についての打ち合わせでした。
試作品としての初期デザイン原型プロトタイプは全部で4種でした。


ありそうでなかなか無いのがシンプルで洗練された大人の時計。
足し算ではなくこの場合は潔く大胆な引き算で削り込む、
あえてクラシカルな雰囲気でシンプルな機械式腕時計の提案。
装着時にリューズと日付け調整が毎回毎回、面倒くさいですから、

思い切って調整式のカレンダー機能を盤面から無くしてみました。

心臓部はお馴染みのETA社製 2824 ムーブメントを組み込みです。
こうして少しずつデザインやら改良を積み重ねて行き

製品は色々な角度から少しずつでは御座いますが生まれ変わります。
時計メーカーも多く、ブランドも数多く存在しておりますから、
最近ではゴチャゴチャしたデザインが多過ぎて、
実はバランスの良いシンプルなデザインが非常に少ないのかも知れません。

カスタムモディファイの世界はクルマの製品だけでなくプロダクトデザイン。

既存の製品に少しだけ変更点を加えながら雰囲気を足しながら入れ替え、
そして大胆に基本骨格をさり気なく削ぎ落して行く手法。
完璧と呼ばれるような100%の完成品なんてのはこの世に何1つ、
存在していないのですからある意味自由に崩しの美学で逆の発想なのです。
アラビア数字が1〜12まで規則正しく揃った機械式腕時計は数少なくて美しいのです。
限られた狭い面積、丸い空間に数字が並ぶだけの極めてシンプルなデザインは、
基本構造は気に入る雰囲気の造形美と観た視のバランスの配置だけなのです。
でも狭く小さくシンプルな分、平面の世界は誤魔化しが効きませんから、
配置レイアウトバランスの距離や隙間や大きさの黄金律が少しでも崩れると、
エネルギーが発揮出来なくなる恐れも御座います。


加古 俊文








Auto Fashion Factory Yokohama Inc
2014年05月27日 火曜日
TCM プロトタイプの試作品を
太陽光の元で撮影してみました。
存在感やら空間圧縮率、
モノがモノとしてここに在る雰囲気。
まだまだ小さな改良点は御座いますが、
シンプルな機械式腕時計の魅力に歩み寄れそうです!




何も無い0のところから、
新しく突然に何かは生まれません。
今在るモノ、既に存在しているモノを、
局部的にもしくは部分的な意匠変更で、
多少カスタムさせるくらいなら、
それは比較的に簡単な方法なのです。
自分が惚れ込んだモノが、
スペシャライズドされて生まれ変わる!
まずは基本となるようなベースが存在していて、
そこから先が面白さの変化球なのです。

イタリアンデザインで
スイスメイドの時計メーカーTCM
この機械式腕時計は
コストパフォーマンスに優れた、
そのしっかりとした
造り込みの良さが最大の魅力でもあります。
心臓部はこれまた定評のある
ETA社のムーブメントを使用です。

製品のコンセプトは
ある意味費用対効果の高い
その製品に込められた
パフォーマンス性ではないでしょうか?
メーカー側の主張では
ローコストで高品質と唱い、
実際は品質もチープで
それなりでは本来の意味が御座いません。
またその逆で高い金額を出したからといって、
正比例して品質が優れている
という訳でも御座いません。
この費用対効果のバランスが
本質的な価値の根源なのかも知れません。

存在していないモデルを
全く新しくムーブメントケースを含めて、
新規で造り出すのは非常に面倒で
想像以上に手間が掛かります。
存在しているモデルをアレンジして、
新しい雰囲気でカスタムさせる事なら
ある意味可能なのです。

ということでオリジナルデザインといっても
100%全部の変更を意味するものではなく
一部の変更にしか過ぎません。
なんとなく気に入らない
場所を自分にとっての、
お気に入りの意匠に
ほんの少しだけ微妙に変更させるだけなのです。
それは色のトーンであったり
サイズの調整であったり、
本当に小さくて細かな局部の変更点を
繰り返して煮詰めて行くだけなのです。

組み合わせよる黄金比とか
全体のバランスを考えると、
対象物に対する出費金額と
自分にとってのデザインの限界値が視得て来ます。
コストパフォーマンスが高いと表現する場合は、
投資に対して製品のクオリティーが
比較的高い場合を意味します。
ど真ん中のストライクゾーン
という言葉の意味も、
実は許容範囲の絶対バランスと
いうものが静かに存在しております。

えええ?

この造り込みの良さでこの値段?
これこそがコストパフォーマンスに優れた製品に対する
最高の褒め言葉なので御座います!
デザイン的にも飽きずに格好良く、
そして造り込みが良いのは
当たり前なので御座います。
ある意味あたり前過ぎて
これらのメリットを
今更アピールする気にもなれません。

観た瞬間に気に入るか気に入らないか?
単純にはそれだけのコトで御座います。
生理的な反射神経で好きとか嫌いを瞬時に決める!
人間には本能で瞬時に見分ける
特別なる能力が備わっているのです。
それは時間にしたら
0,0001秒くらいのほんの短い瞬間に、
そう思考回路が先に答えを
決断されているのかも知れません。

好きはライク!
そして惚れ込むは
ラブなので御座います。
最初の好感度のライクから、
手に入れたその後からは
熱烈支持の熱狂ラブまで!
本当の美しさやデザイン力の高さは
最初に何となく
ライクかな?と気に入らせる事よりも、
手に入れ終わった直後から
使用を続けるプロセスにおいて、
永く愛され続ける大きな魅力と
パワーが無ければなりません。
そんなコトは言われなくても解っていますよ!
と口にする人が多いのですが、
実際に素晴らしきモノは手に入り辛く
非常に数も少なき稀な存在なのでご御座います!


加古 俊文












































































































































































































































2014年5月23日金曜日

AFF3 デザインの世界 本当に欲しいものは自分たちでカスタムして造る!


















AFF3 mechanical Tokyo
2014年05月23日 金曜日


ソーウィンドウジャパンの谷口氏ご来店。
AFF3 オリジナルデザインの機械式腕時計の発案です。
GPの関連会社ジャンリシャール製品 

製品文字盤のデザインに変更についての打ち合わせでした。


ありそうでなかなか無いのがシンプルで洗練された大人の時計。
足し算ではなくこの場合は潔く大胆な引き算で削り込む、
あえてクラシカルな雰囲気でシンプルな機械式腕時計の提案。
装着時にリューズと日付け調整が毎回毎回、面倒くさいですから、

思い切って調整式のカレンダー機能を盤面から無くしてみました。
そして懐かしき1950年代のクラシカルな文字盤へと纏め上げました。
心臓部はお馴染みのジラールペルゴ社製3針ムーブメントを組み込みです。
こうして少しずつデザインやら改良を積み重ねて行き製品は生まれ変わります。

メーカーも多くブランドも数多く存在しておりますから、
最近ではゴチャゴチャしたデザインが多過ぎて、
実はバランスの良いシンプルなデザインが非常に少ないのかも知れません。

カスタムモディファイの世界はクルマの製品だけでなくプロダクトデザイン。

既存の製品に少しだけ変更点を加えながら雰囲気を足しながら入れ替え、
そして大胆に基本骨格をさり気なく削ぎ落して行く手法。
完璧と呼ばれるような100%の完成品なんてのはこの世に何1つ、
存在していないのですからある意味自由に崩しの美学で逆の発想なのです。
アラビア数字が1〜12まで規則正しく揃った機械式腕時計は数少なくて美しいのです。
限られた狭い面積、丸い空間に数字が並ぶだけの極めてシンプルなデザインは、
基本構造は気に入る雰囲気の造形美と観た視のバランスの配置だけなのです。
でも狭く小さくシンプルな分、平面の世界は誤魔化しが効きませんから、
配置レイアウトバランスの距離や隙間や大きさの黄金律が少しでも崩れると、
エネルギーが発揮出来なくなる恐れも御座います。


加古 俊文

















































































2014年5月19日月曜日

911シリーズのワイドボディー997カレラ4S グリーンを運転して!













2014年05月19日  AFF-3  晴天5月晴れの月曜日








2014年5月18日日曜日

1996年当時のAMG G36 Lが2013年式のAMGエクステリアへとタイムスリップ!2014年05月18日












2014年05月18日  晴天の日曜日 








2014年5月16日金曜日

1996年当時のAMG G36 Lが2013年式のAMGエクステリアへとタイムスリップ!2014年05月15日












2014年05月15日  雨の木曜日 











2014年5月12日月曜日

命令は縦社会の掟 警察官としての本当の価値 もしかしたらほかにヤル事がないのかも?





































































































2014年05月08日


街のあちらこちらで隠れた場所に潜み獲物を監視する警察官をよく見掛けます。

交通安全の維持を目的にみせしめ的な違反者を繰り返し摘発する、
そのやり方が何故か騙し討ちに近い嫌な気持ちと妙な余韻を残します。
縦社会でお馴染みの警察組織としてこのような取り締まり方法は上が決めて、
そのままシステムとして下に業務命令させているのでしょうが、
掟とはいえ取り締まらなければならない警察官もある意味仕事とはいえ堪りません。
視得にくい場所に隠れて通行するドライバーに違反させてから捕獲する、
これらのハンティング的な取り締まり方法は職務で捕まえる方も、
またついうっかりと捕まる方も心理的には正直嫌なもので御座います。
もちろん法治国家で御座いますから、ルールから外れれば違反は違反ですから、
結果、違反をする本人が悪いのですが捕獲されるにも心意気というものが御座います。
警察官は憧れの仕事して大義名分は本来であれば正義の味方だったハズです。
警察組織としての本来の在り方が本当にこれで正解なのでしょうか?
深く考えれば考える程に矛盾を感じ大きく疑問に思います。




警察官の法的な定義


現在の日本において、警察官とは、

警察法の定めにより警察庁、
都道府県警察に置かれる公安職の警察職員をいう
(警察法第34条第1項、第55条第1項)。
警察官は、個人の生命、身体及び財産の保護、
犯罪の予防、公安の維持並びに他の法令の執行等の
職権職務を忠実に遂行すること等を任務とする
(警察官職務執行法第1条第1項、第8条)。
旧警察法においては、公安職の警察職員のうち
国家公務員である者を「警察官」、
地方公務員である者を「警察吏員」と呼び区別していたが、
現警察法においては「警察官」の名称に統一されている。
なお、都道府県警察の警察官のうち警視正以上の者は
国家公務員とされ「地方警務官」と呼ぶのに対し、
それ以外の警察官その他の職員は
「地方警察職員」と総称される
(警察法第56条第1項、第2項)。
戦前の宮内省皇宮警察では皇宮警察官と称したが、
現在の皇宮警察に置かれる公安職の職員は皇宮護衛官という。



警察官の権限



交通取締り中の警察官

法令上、警察官は主に
下記のような権限を有している。
犯罪の捜査及び被疑者の取調べを行うこと
(刑事訴訟法第189条、第197条、
第198条、犯罪捜査規範第3章)
逮捕状を請求し(司法警察員のみ)、
発せられた逮捕状に基づき
被疑者を逮捕すること
(刑事訴訟法第199条、犯罪捜査規範第5章)。
犯人の制圧等のため、または自己もしくは
本人の防護などのため必要な限度で武器を使用すること
(警察官職務執行法第7条)。ただし、
所持が可能な武器は小型武器に限られ
(警察法第67条)、海上保安官(海上保安庁法第19条・第20条)や
自衛官(自衛隊法第87条、第89条、第90条)と異なり、
小型武器ではない武器を所持することはできない。
犯罪を犯し、犯そうとし、または行われた犯罪について
知っていると認められる者を呼び止めて質問を行うこと
(警察官職務執行法第2条)
都道府県警察の警察官は、原則として
当該都道府県警察の管轄区域内において職権を行うが、
現行犯逮捕についてはいかなる地域においても
職権を行使できる(警察法第64条、第65条)。
警察組織においては交通事犯は交通課、
刑事事犯は刑事課と管轄が分かれているので、
担当課に属さない警察官には担当課の領分外の
犯罪を取り締まる権限がないと思われがちであるが、
交通課に属する警察官であっても交通関連の限定的な
警察活動しか行えないなどということはない。
例えば、交通課や警務課に属する警察官が殺人犯や
傷害犯などの刑事犯罪者を認知した場合、
自身で現行犯逮捕したとしても何ら問題はない。
ただし、警察の職務は高い専門性を要求されるため、
通常はもっぱら各々が担当する部署が管轄する職務を行う。



警察官の義務



憲法擁護義務

公務員として日本国憲法第99条に基づき、
憲法尊重擁護の義務を負う。
犯罪捜査を行う場合については、
刑事訴訟法の規定に基づき、
司法警察員又は司法巡査として、
検察官の指揮を受ける。

守秘義務


警察職員は、

職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。
その職を退いた後も、また、同様とする
(地方公務員法第34条第1項)。
守秘義務違反は懲戒処分の対象となる。
秘密を漏らすとは、秘密事項を文書で表示すること、
口頭で伝達することをはじめ、
秘密事項の漏洩を黙認する不作為も含まれる。
法令による証人、鑑定人等となり、
職務上の秘密に属する事項を発表する場合においては、
任命権者の許可を受けなければならない
(同法第34条第2項、第3項)。


立入

警察官は、緊急の必要があれば令状なしで敷地、

建物に立入して犯人を取り押さえることができる、
また侵入するために扉または、
その他を破壊して侵入することができる
(警察官職務執行法第6条)。

攻撃


警察官は、犯人及び不審者から、

武力攻撃を受けた場合は、携帯する、
警棒及び拳銃を発砲し交戦することができる。
また制止を振り切り逃走した場合も、
威嚇発砲し攻撃できる。また発砲した場合は、
これらを上司の警察官に報告しなくてはいけない。
ただしこれらの行為を警備中や交通取締りには行えない
(警察官職務執行法、規則)。











Nikon D300S


TAMRON 

SP 150-600mm
F/5-6,3 DI VC USD
(Nikon用)
DX 225~900mm
Photo by Toshifumi Kako






NikonD300Sで撮影でした。
NikonD300Sとの組み合わせは
TAMRON社製の
最新型望遠レンズを選択です。
SP  150 mm~600mmの
望遠ズームレンズです。
 
今までがSIGMAの150mm~500mmを
使用しておりましたが、
ピントもスピーディーで
キレのあるレスポンスです。
900mm相当の画角は
何ともいえない
圧縮効果が得られます。




2014年5月5日月曜日

MINI CLUBMAN R55T GW 名古屋往復と大渋滞の東名高速道路の1人旅。















2014年05月02日~04日の2日間