2018年12月12日水曜日

機械式腕時計としての目に観得ない垣根 正規輸入品と並行輸入品の違いを考える!その3












機械式腕時計としての目に観得ない垣根 
正規輸入品と並行輸入品の違いを考える!その3


単純明快に販売店としての簡単な悩みとは何か?

それは本当に売れるような魅力ある商材の確保が、
色々な意味で非常に難しいという問題が御座います!
これはどこの店舗でも抱えている悩みでもあります。

売れないような商材を、
強制的に取引条件維持という名目で、
半ば脅されながら仕方なく納入されたのでは、
正直 お店の経営者さまも含め、
売り場に立たされた担当者さまも本当に堪りません!

欲しい商品は限られていて数が用意出来ないという、
これまた歯痒いような慢性的なジレンマを抱えております!

また資本主義経済の悪しき習慣でしょうか?
お店のカテゴライズドが整理され納入本数に応じたランク分けで、
優先順位のヒエラルキー制度にも似た自由にオーダー出来る商材と、
そうでない注文する権利すら与えられない商材に分かれております!

弊社の場合は永年の商売経験において、
本当に欲しいと思えるような旬な商材が無いような不毛の時代には、
面倒臭いですが新しく本質的な魅力を個人的にも感じるような、
商品企画を独自で行い100本単位でオリジナル商材を作って来ました!
狭いマーケット理論だけでみれば自分達の販売する商品環境の確保、
それだけで考えれば、それはそれで需要と供給のバランスは、
適度に確保出来て来たのだと思われます!

それで毎年毎年オリジナル商品を開発させては、
継続的に安定して魅力ある商品供給の歯車を、
独自の接客販売方式の流れで廻して来ました!

奇跡的に全ての商品は、
運良くも数年以内に全部売れるのですが、
問題点は違う場所に間接的なデーターとして現れます!

これによる弊害は何個か御座いまして、
注文した責任が御座いますから当然ですが、
先に仕入れを起こさなくてはならない反面、 
毎年の決算書類に完全売却数字として反映されるまでの間は、
全てが売れて完売されるまでは、ある程度のタイミングで、
それなりの在庫を店舗で抱えるという流れの書面となります!

オリジナル商材も全部売れてから次に順次移行すれば、
決算書類は綺麗に仕上がりますが、
それでは市場のタイミングを微妙に逃します!
この絶妙なるタイミングや、
タイムリーな旬をどうしても手に入れたければ、
魅力的な商材が無くなる前に、
今度は、逆算して次のオリジナル商材を、
先に先にとある程度の旬な目玉として、
手掛けなくては丁度良い時期には間に合わなくなります!


これが小規模店が抱えている。
もしくは悩まされている財務上の弱みなので御座います!


それでは根本的な解決策はあるのか?
と尋ねられれば机上の理想論としてなら、
ある程度の解決理想論くらいは御座います!

信用与信枠の安定化!

ファイナンシャル部門が強化され分割払いによるクレジット部門を、
ある程度個別店舗だけで単独契約の範囲だけでカバーするのでは無く、
本部のような機能を持つ代理業務が存在してくれると本当に理想的です。

これは何故かと申しますと、
割賦販売方式を選択させる場合、クレジットカードとは違って、
店舗により信用枠が大きく変動しているのが現状なので御座います。
本来ならお客様の信用与信枠は、基本的に場所や店舗には関係無く、
スコアポイントも含め信用与信枠の数字が変らない筈なのですが、
正直 お店によっては、
与えられる、与信スコアポイントがまるで違って来るのです。

言葉には表現出来ないような不均等バラツキ現象が御座います!
極端な話しですが販売金額が全く同じ数字であってもその差は明らかです。
A店なら購入可能 B店なら不可、C店も不可という判定結果になります。

本来は顧客様毎に与えられる平等な信用枠の流れなのですが、
何故このような決定的な個人差が生じるのかは、
売り場の担当者でローンを担当される経験者さまなら、
誰もが知る矛盾した不平等格差の流れでも御座います!


魅力ある商材が確保出来る環境の構築!


数多くのブランドを取り扱っておりますと、
これまた魅力的な商材の確保は死活問題とまで発展します!
人気商品や魅力ある売れ筋商品が安定確保出来ずに、
何処にでもありそうなフツーのありきたりの、
旬から外れた商材ばかりでは、商売どころか流れすらも生まれません!

売れ筋を確保させる為に企業努力はモチロンあたり前ですが、
最近の異常とも思えるようなブランド暴走ルール条件に縛られてしまうと、
これまた売り上げどころか普通に仕入れるだけでも大変な労力なので御座います。


機械式腕時計としての目に観得ない垣根 
正規輸入品と並行輸入品の違いを考える!
はこうした疑問点を、根本的に改善出来たら 
と想う気持ちからこの文章は生まれました!

誰しもが心の中でそう感じているのですが、
その本心や気持ちは決し表現されずに、
気持ちを押し殺しながら日々ノルマ消化に、
明け暮れているのでは本来の楽しさなんてのは、
遠い世界へと吹っ飛んで行くのかも知れません!

無意味な商品確保と取引継続の脅しに踊らされ、
在庫過多に傾く危険性を考えれば、
都合の良いメーカー側だけの独自の取引ルール変更ではなく!
販売店側で考える新しい基準やグループを構築して、
問題解決に向う手段を探す時期に来ているのだとそう判断します!


Toshifumi  Kako   



2018年12月11日火曜日

機械式腕時計としての目に観得ない垣根 正規輸入品と並行輸入品の違いを考える!その2













機械式腕時計としての目に観得ない垣根 
正規輸入品と並行輸入品の違いを考える!


その2で御座います!


光と影



漠然とした思いでは御座いますが、
正規ルートからの輸入品と、
並行輸入ルート品の決定的な違いってなんだろう?

世界基準のワールドワイズギャランティーさえ、
無視される本当におかしな差別的な修理対応なんだと思います。

これは正しいとか間違いだとかの問題では御座いません。

正義のヒーローとしての存在感を、
引き立たせる為には反対側に位置する、
対極の存在がバランス的に求められます!

仮面ライダーとかウルトラマンは、
たとえそれが正義のヒーローであったとしても、
単独では存在出来ない立場なのかも知れません!

悪としての役割分担を創り上げてこその、
対比コントラストが大義名分における、
正義の最低条件なのかも知れません!

正規というネーミングには、
我こそは正真正銘の正義。
という意味が隠されているようにさえ感じます!

意図的に誇示されたこの正しいという漢字の反対側には、
当然ですが言葉や漢字にこそは表現されませんが、
「悪」のイメージとしてのレッテルが刷り込まれます!

本来ではないイレギュラー的な扱いや、
本筋とは微妙に違う もう一方の。
というニュアンスの含みなので御座います!


これは正しいとか間違いだとかの問題では御座いません。


製品の本国製造時にはモノは基本同じでも、
輸入ルートの違いによりその後は差別化され、
修理やアフターサービスの金額が
倍以上の開きが出てしまうような、
環境習慣システムの流れについてで御座います!

本来は製品が正しく本物であれば、
それはどこで入手されようが、
また何処の国で購入されようが、
製品の品質保証は権利として、
約束されていなければなりません!

あたり前ですが、如何なるブランド製品にも例外無く
偽物ではない限り製造された製品には品質保証が付属されます!
作った以上製造物責任法という名のものが存在して御座います。

本当に機械式腕時計が好きな方が、
出掛けた先の日本から離れた遠い海外旅行先で、
お気に入りのモデルを衝動的に購入したとしましょう!

その製品は、現地では本物であり、
またそのお店が地域における正規販売店であっても、
個人で海を超えればこれもある意味、
日本の正規輸入代理店の通常経路では御座いませんから、
本筋からは外れた並行扱いとされてしまいます!

世界基準の
ワールドワイズギャランティーも通用せず、
冷遇 差別 修理の際には、
割り増し料金のご案内を余儀なくされます。

海外では普通にあたり前な出来事も、
日本では異常な禁止御法度行為と見なされます。

ブランドの本質的な正規品扱いって縛りは何?

立場的に考えて、
正規品を普通に扱う流れから考えれば、
それなりの恩恵や当然サービス内容の割引としての、
金額的なメリットが断然ありそうにも思えますが、

実はこのルールも深く考えれば、
島国日本国内だけの輸入習慣から生まれた、
独自のアフターサービスの差別化なんだと思われます!

陸続きの大陸では考えられないような、
差別が存在していたのです!

正規ギャランティーとしての差別ルールは誰が決めたのか?

また製品を取り扱う企業や人間が作り出した、
独自都合による差別ルールで御座いますから変更も可能かと思われます。

ブランド輸入代理店が決めた、独自のルール改定、
ここ数年、正規品としての都合の良い暴走が始まりました。

最近はそれなりのブランドメーカー製品を扱うのには、
ブランドが勝手に決めた厳しい条件なんてのが設けられて御座います!

これがまた自分都合で優位的な立場を乱用した、
絶対的な掟にも似た強制暗黙の縛りやルールが強く存在しております!

誰も文句を言わない、
静かな業界だったからでしょうか?
独占禁止法のオンパレードが繰り広げられ、
人気商材を手に入れる為には、
仕方なくの欲しくもないような、
不人気商材との抱き合わせ販売も強いられます。

中途半端なお付き合いで無理な仕入れが嵩み、
潰れる店舗も出るくらいの勢いなので御座います!

都心ならイザ知らず、
地域路面店では決して考えられないような、
需要と供給のバランスから外れているような、
過剰な在庫展開。

とても担当者レベルでは売り切れないような、
信じられないくらいの在庫ストック量と膨大な展示。

代理店メーカー指導による納入依頼から始まり、
販売実績のノルマ指導による暗黙の、
お約束セルアウトの取引継続条件付けが御座います!

店舗全体の什器導入の高額な経費コストに、
販売面積の確保やらとあれやこれやと、
理不尽なる注文は本当にキリが御座いません!

理想的には確かにそれはそれで、
雰囲気も含めてブランドをアピールさせる相応しさは演出出来ますが、
取り扱い販売店様に対しての希望や出来たらのご提案展開などでは済まされず、
ご要望というよりは上から目線での暗黙の強制命令なので御座います!

本社製造メーカーサイドは本当にそんな事を、
マーケット環境に対して希望しているのか?

最近のブランドが指定される条件ルールには、
疑問に思う事があまりにも多過ぎます!

中間代理店や輸入取り次ぎ代理店の、
勝手な都合でルールは次第に捻じ曲げられて、
厳しさを含め現在に至るというのが、
正直なところなので御座います!

この矛盾の差別システムは企業が先に経費を掛け、
独自のサービスを構築させるところまでは正しいのですが、
差別は優位的な立場を創り上げた瞬間から、
巧妙に権利へと塗り替えられます!

そして権利を手に入れる為には、
ルールが生まれて行くのだと思われます。
都合の良いルールは利権に携わった人間達が、
作り出したもので御座いますから、
集団としての団体意識は個としての、
ルール破りを除外して排除させようと動きます。

目には見得ない差別的な、
お金の流れを深く追求して行きますと、
最終的には卸し側の損得勘定維持だけが残ります!

差別的な垣根を無くして本当の自由貿易を心掛けたいものです。
顧客様にとって自由な商品選択が出来る快適な時代では無くなりました。

もしもこの永年に渡り創り上げられた悪しき習慣をぶち壊し、
安心環境をまったく新しく作り出す事が出来るのであれば、
機械式腕時計市場はもっともっと活性化して行くものと考えられます!

意味の無いメーカー独自の、
管理体勢が商品本来の魅力すらも揺るがし、
最終的には本気で欲しいと思えるような、
本来の魅力ある商品すらも開発させずに、
不良在庫や不人気商材で無理強いしているのであれば、
付き合い切れないどころか、こちらから願い下げで御座います。
利権意識だけでルール管理の暴走が始まれば、
販売店は疲弊して行くばかりなので御座います。




簡単なご説明。


海外ブランド品を
輸入するときのそれぞれの違い

海外ブランドの商品を
我々が手にするためには、
なんらかの流通経路を利用して
日本に輸入してこなければなりません。

同じ商品であっても、
その流通経路によって
取り扱いが大きく変わってくるので御座います。

その違いによって並行輸入品と呼ばれたり、
正規輸入品と呼ばれたりもします。

それぞれの意味を確認しておきましょう。

まずは 正規輸入商品

これは言うまでもなく
というところかもしれませんが、
海外ブランドの正規日本代理店が輸入し、
国内に流通させる流れで御座います。

海外メーカー

日本の正規代理店

日本の小売店・販売店

消費者





そして並行輸入商品

並行輸入についてですが、
こちらは日本の正規代理店を通らない
独自の経路になります。

海外のブランド製造メーカー

海外の小売店・販売店

メーカーと直接関係が無い第三者が購入して輸入
もしくは並行専門の輸入業者が仕入れをする場合。

日本の小売店・販売店(もしくは直接消費者へ販売)

消費者

このようにルート仕入れ経路の違いが御座います。

海外で売られている商品を、
メーカーの正規ルートとは関係ない
第三者もしくは専門業者が買い付けて、
そのまま日本に流通させている場合も御座います!

並行輸入品というのは、
本来は本物であるはずなのです。
流通経路が違うだけで、商品そのものは
メーカーの正規品なので御座います。

ここにブランドイメージの入れ替え操作が、
巧妙に刷り込まれて行くので御座います!

並行品は不安で永い時間において維持させて行くには、
それなりのリスクがあるという、
漠然としたイメージ操作なので御座います。

そして正規品は安心安全で、
それ以外の並行品は不安である!
という先入観の植え付け操作なので御座います。

本当にそうなのでしょうか?





続く


Toshifumi  Kako  




2018年12月9日日曜日

いつかは億の日 Someday a million days 2018 12 09 
















Auto Fashion Factory Co., Ltd.
2018 12 09 日曜日 AFF-1

Storage of stored image digital Akashic

Anything not city views 
and personal belongings of the parts

なんでもない街の景色と身の回りの部品達.
Nostalgic past of the time axis and its image

年数違い12月09日 画像で御座います。

2007~2017

12 09は、

いつかは億の日

Someday a million days

億(おく)は
漢字文化圏における数の単位の一つ。
現在の日本では 10×8 を表す。
数字の 1億 (100000000)

億の定義

当初は、10倍ごとに
位取りの名称を定める
「下数」が行われていたので、
一・十・百・千・万・億で
「億」は 10×5 となる。

しかし漢代にはすでに 
10×8 を億とすることが
一般に行われており、
『漢書』律暦志には
「一億三千四百八萬二千二百九十七」の
ような数が見える。

億は「上数」でも「中数」の
万万進・万進でも同様に 10×8 となる。

その他 100000000 に関連すること

日本の総人口は長い間
1億人前後で推移している。

戦前は1940年の国勢調査で
内地約7000万人と
外地約3000万人を合わせて1億人を超え、
外地の喪失により戦後初期は7000万人台、
その後1970年の国勢調査で1億人を超えた。

「すべての日本国民」の意味でも用いられる
(例として「進め一億火の玉だ」
「一億総懺悔」「一億総白痴化」
「一億総中流」「一億総活躍」など)。

いつかは億の日に思う事!

数字の単位もこの「億」からエネルギーが、
ほんの少しばかり変わって来るようにも感じます!

2018 12 09

Single focus lens
Photo by Toshifumi Kako 

2018年12月8日土曜日

立ち入り禁止と呼ばれる領域 新しい道 ほくせいせん 高速横浜環状北西線 建築途中の景色  2018 12 06 その2



















新しい道 

ほくせいせん
 
高速横浜環状北西線 
建築途中の景色  

2018  12  06 


東名高速道路の横浜青葉インターと、
第三京浜港北インターがジョイントで繋がる、
環状線「高速横浜環状北西線」の建築見学会に参加です。




Nikon D3S

Carl Zeiss 
Distagon 
T* 2.8/25 ZF.2
Single focus lens
Photo by Toshifumi Kako